神奈川県で利用する永代供養

subpage1

永代供養は、神奈川県でも近年多くの人に選ばれている埋葬方法です。


今日では、独身のままの人であったり子供がいないという家庭も多く、自分が死んだ後にお墓に入っても管理してもらう人がいないということになってしまいます。
その管理をお墓のある寺院や墓地でやってもらうことができる永代供養は、死んだ後にも安心して利用することができます。
永代供養では、33回忌をめどにしていることも多いものです。
17回忌や50回忌などの期間で契約ができる施設もありますが、その期間を過ぎた後には個別で埋葬していても合同墓地に入ることになります。



しかし、供養はこれから先もずっと施設でしてもらえることになります。
永代供養の方法の一つに、樹木葬というものがあります。

これは、散骨などの自然葬の一つでもあり、神奈川県内でもさまざまな場所に樹木葬を行うことができる施設があります。

日本経済新聞について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

大きな一本の木の下に墓地のような区画で分けられて埋葬ができるという場所もありますが、一人につき一本の木が墓石の代わりとして植えることができるという施設もあります。



一人一本の木となれば、これから先のことを考えて大きくならないような種類が選ばれており、サルスベリやもみじなどが一般的です。

神奈川県内でも山間部にある施設であれば、自然に囲まれてゆっくりと安眠することができるのですが、お墓参りのことを考えると住宅もあるような地域の公園型の樹木葬の施設が向いています。