東京でも樹木葬を行うことができるか

subpage1

樹木葬は従来の納骨方法とは異なり、お墓には納骨せずに、樹木の下に納骨します。


好きな木や草花を植えることができたり、里山のように自然により近い形で納骨することができたりと様々な方法があります。
樹木葬も永代供養の一つとして考えられており、寺院に併設されていたりメモリアルパークとして納骨することができたりしています。

東京都の場合、霊園の中に樹木葬を行えるところを設けていることが多く宗教や宗派は問わないため誰でも納骨をすることができます。

東京では、公園型になっているところ、花がたくさん植えてあるところ、シックに名前が刻まれたプレートを並べているところといろいろな種類があります。

永代供養墓情報は見逃せません。

どの場所も管理費や維持費はかかりますが、樹木の手入れなどはしなくてもよく、施設がすべて行ってくれるので、手入れの心配は必要ありません。また、樹木葬は事前に納骨場所や木々の選定などを行えることも多く、予約をすることもできるので、じっくりと考えることができます。

魅力的な毎日新聞情報が満載です。

また、東京都では練馬区や豊島区といった場所の他に、港区や新宿区にも樹木葬を行うことができる場所があります。
どの場所もアクセスがよく、仕事帰りなど気軽に立ち寄ることができます。


樹木の下に納骨するため、他の永代供養と比べお墓という概念はありません。



また、一度納骨してしまうと将来的に土にかえる納骨箱を使用していることが多いため取り出すことは難しくなります。

様々な人に相談をしてから購入するようにします。