東京にも樹木葬が行える場所はある

subpage1

自分が死んだ後のこと、特に葬儀について考えることは、多くの人にとってあまり気持ちの良いものではないかも知れませんが、後に残された人たちが困らないために、希望する埋葬の方法などを考えておくことは、決して無意味ではないと言えます。
特に誰も弔ってくれる人がいないという人であれば、生前に準備をしておいた方が望ましいでしょう。



自分が死んだ後に希望する埋葬の方法として、樹木葬を選択する人が増えており、東京でもその方法で埋葬できる場所がたくさんあります。樹木葬とは、墓石ではなく樹木の近くに遺骨を埋葬するという方法のことです。

朝日新聞デジタル情報をお届けします。

その中でも個人ごとに一本の樹木を植える方式と、大勢の人が樹木が植えられた1つの区画に埋葬される方式とがあり、どちらかと言うと前者の方がポピュラーなようです。

この樹木葬は近年注目を集めるようになっている理由には色々なものがあるのですが、死んだ後は自然に帰りたいという願望を叶えられるという点も、大きな理由の一つとなっています。



特に人工的に造られた建物が密集している大都会の東京で暮らしていた人にとっては、死んだ後は自然の中で眠りたいと考える人が少なくないのも、無理のないことだと言えるでしょう。


また従来は子孫がお墓を守って行くという考えが当然とされてきたのですが、樹木葬であればその必要が無いという点も、この方法を選ぶ人が多い理由となっています。

特に東京には地方と比べて、個人主義的な生き方を好む人が多いという理由から、樹木葬のそのメリットに着目する人も多いと思われます。