東京で望まれる景観の良い樹木葬

subpage1

自然回帰への憧れから、全国的に増えつつある樹木葬。

散骨を手軽に利用してみませんか?

東京の場合、多摩地域など丘陵地帯に多いといった印象ですが、都心エリアにも樹木葬が行える霊園が増えています。
オフィス街に隣接している地域は、さすがに敷地が限られていますので、一人に一本ずつの樹木の元に埋葬というよりは、シンボルとなる樹木の周囲に複数名の遺骨を納める合祀タイプが多く見られます。
多摩地域など郊外のベッドタウンでは、住宅地に隣接した緑豊かな丘陵地帯に、さまざまに趣向を凝らした広大な樹林霊園が散見されます。
季節ごとに色とりどりに咲く花と、芝生の緑も鮮やかなフラワーパークの趣がある霊園や、バラが咲き乱れるイングリッシュガーデンのような霊園もあり、近隣にも人気の美観エリアとなっています。

goo ニュースに関しての関心度が高まっています。

郊外とは言え、東京都心からのアクセスが良いところも多く、季節の良いときに散策を兼ねて見学に行く人も増えています。



魅力的な景観を備える樹木葬霊園ですが、メリットはそれだけでなく、墓地区画に墓石を建てる通常スタイルの墓所よりも、費用をかなり安くすることができるという面があります。


なかでも、一本の樹木の周囲に複数名の遺骨を埋葬する合祀タイプは、リーズナブルな永代供養墓としても注目されています。
選ぶ際には、価格だけに注目せず、埋葬形式や供養の年数など、事前によく調べておくことが大事です。

また、広告文などの情報のみでなく、実際に見ておくことが一番ですので、花が咲く時期などに足を運んでみると良いでしょう。

自然の風景にも馴染む樹木葬は、東京においても、今後いっそう増加していくと考えられます。