東京で自然葬を行う人が増えています

subpage1

最近、東京で自然葬を行う人が増えてきています。
自然葬は、従来のように寺の墓地に墓石を建てて死者の遺骨を埋葬するのではなく、死者は自然に還すという発想をベースにして、海に骨を沈めたり、土の下に埋めて樹木を墓標代わりにしたりといった形で死者を葬ります。

自然葬のいいところは、まず従来の墓石によるものよりも経済的な負担が少なくて済むということです。



最初に埋葬する時には費用がかかりますが、その後は管理費が一切かからないという場合が多いです。お寺に墓石を建てるタイプの埋葬だと、年間管理費が毎年取られたりしますが、それが不要なので遺族の経済的な負担が少なくて済みます。

Yahoo!知恵袋の情報ならこちらを参考にしてください。

また東京では土地も高いですから、新しくお墓の土地を確保するのも大変です。

それに東京に住んでいる人というのは、住まいが一定せず、あちこち賃貸アパートを引っ越す場合が多いので、お寺から遠くへ引っ越した場合などはお墓を管理するのが大変になってしまうという問題があります。

しかし自然葬なら、埋葬後は自分らで管理する必要も無い場合が多く、気が向いたときにお参りだけすればいいので便利です。

お墓の継承者という概念もないので、様々なしがらみから自由になれます。



宗派も関係ない場合がほとんどなので、仏教でもキリスト教でも神道の方でも気軽に利用することができます。

自然葬はまさに現代にマッチしたお墓のあり方といえます。

子孫にお墓のことで余計な負担をかけたくないと思う人が増えていて、利用者がグングン伸びています。


人に言いたい儀式

subpage2

自然回帰への憧れから、全国的に増えつつある樹木葬。東京の場合、多摩地域など丘陵地帯に多いといった印象ですが、都心エリアにも樹木葬が行える霊園が増えています。...

more

大事な儀式の事!

subpage3

自分が死んだ後のこと、特に葬儀について考えることは、多くの人にとってあまり気持ちの良いものではないかも知れませんが、後に残された人たちが困らないために、希望する埋葬の方法などを考えておくことは、決して無意味ではないと言えます。特に誰も弔ってくれる人がいないという人であれば、生前に準備をしておいた方が望ましいでしょう。...

more

納得の知識

subpage4

樹木葬は従来の納骨方法とは異なり、お墓には納骨せずに、樹木の下に納骨します。好きな木や草花を植えることができたり、里山のように自然により近い形で納骨することができたりと様々な方法があります。...

more

儀式関係の真実

subpage5

永代供養は、神奈川県でも近年多くの人に選ばれている埋葬方法です。今日では、独身のままの人であったり子供がいないという家庭も多く、自分が死んだ後にお墓に入っても管理してもらう人がいないということになってしまいます。...

more